上原ゼンジ 作品展

My Neighbor Cosmos となりの宇宙
2015年12月18日(金)〜2016年1月14日(木)
ソニーイメージングギャラリー(銀座ソニービル6F)

 

自分のすぐそばにある宇宙を発見することをテーマとした写真展。4K液晶テレビ7台を使い、スライドショーでトータル74点の写真を展示。液晶テレビを使った理由は、プリントよりも色再現域が広く明るい再現ができるため。作品の中には透過光で撮影したものも多かったので、より実際のイメージに近い展示にすることができた。

 

Print

 

sony_01

作品展会場。プリントはナシでモニターのみの展示。

 

sony_02

49型のBRAVIA6台、65型のBRAVIA1台を使用。(撮影:倉嶋りこ)

 

となりの宇宙

メインの写真は一番大きなモニターを使って展示。パンフォーカスでサイズ感を失わせた。

 

sony_03

錆びたマンホールのフタ。「古代遺跡のよう」と言われた。

 

sony_04

苔むす階段

 

sony_05

うずらの惑星。ウズラ卵を接写してネガにする。

 

●宙玉(そらたま)

宙玉という小さな宇宙の中にさまざまなものを閉じ込めた。

 

sony_06

線香花火。近付いてみると意外に激しく燃えていた。

 

sony_07

イルミネーション、には見えないかな?

 

sony_08

ねこ玉。二匹の猫を玉の中に閉じ込めてみる。

 

sony_09

手持ち式の宙玉も展示し、来場者に手に取ってもらえるようにした。(撮影:倉嶋りこ)

 

sony_10

宙玉を手に取る来場者。逆さまに映るのが不思議なんだよね。

 

●円窓景

長いフードを取り付け、筒の内側が写るように撮影。すると円窓から覗いたような写真が撮れる。

 

sony_11

露出をオーバー気味に撮影すると、透けたきれいな色で撮影できる。

 

●万華鏡

万華鏡写真は液晶モニターでの展示に合っていました。

 

sony_12

先の細くなったテーパードミラーで撮影。

 

sony_13

チップスターでの空き箱を使った万華鏡を展示。来場者にも使って貰えるようにした。

 

sony_14

万華鏡を覗き込む来場者。みんなすぐに万華鏡だって分かるんだよね。なぜだろう?

 

sony_15

スマホを使うと万華鏡写真が撮れます。(撮影:倉嶋りこ)

 

sony_16

宙玉と万華鏡をケースに入れて展示しました。そんな大したもんじゃございませんがw

 

階下の「NADiff du Champ」では書籍や万華鏡ミラーの販売もしていただきました。

階下の「NADiff du Champ」では書籍や万華鏡ミラーの販売もしていただきました。

 

sony_17

素晴らしいロケーションで大勢の方にご覧いただけました。

 

●音楽

会場ではアコースティックギタリスト・吉川忠英さんの曲をかけさせていただきました。アルバム「Guitar by Guitar」、「Acoguist」より選曲。大好きなアーティストです、ぜひ試聴してみてください

 

●会場内の全周画像

岩本朗さんに360度の撮影をしていただきました。

上原ゼンジさんの写真展「となりの宇宙」 ゼンジ・ワールド炸裂!1月14日まで 銀座ソニービル6階 – Spherical Image – RICOH THETA

 

実験写真「グラスの中から・・」 上原ゼンジさん、ご協力有難うございます。 – Spherical Image – RICOH THETA