Aerial ball shooting | Soratama

 

宙玉って何?

これは宙玉というフィルターです。

 

 

宙玉を使うとこんな写真が撮れます。

 

 

フィルターに透明球が接着されていて、その玉を接写すると空中に玉が浮かんでいるようなイメージになります。宙玉には日本語で空中のボールの意味があり、私が2009年に考案しました。
最初はチップスのパッケージを使った工作方法を公開したのですが、2015年には製品版の「soratama 72」の販売を開始しました。そして現在ではスマートフォン用や水中用の宙玉も販売されています。

 

 

宙玉の誕生

 

私は実験写真家と称して、さまざまな実験的な写真を撮影しています。蛇腹を折ってレンズを自作したり、手ブレ増幅装置を開発したり。

 

 

宙玉は透明球をレンズ代わりに撮影していたときにアイディアを思いつきました。
最初は黒い板に透明球を付けていたので、玉の周囲は黒く写りました。

 

 

 

そしてある日「背景を同時に写すことはできないだろうか?」と考え、実験を始めました。
最初の工作は薄い透明フィルム2枚に穴を空けて、それで両側から玉を挟む方法です。
ただし、この方法だとフィルムと玉の境界部分が写ってしまうという問題がありました。

 

 

これを解消するために考えたのは透明なアクリル板に小さな穴を空け、玉を接着する方法です。
玉がはみ出した側から撮影をすることにより、境界部分は写らなくなりました。

 

この新しい工作方法を紹介してから、多くの人が宙玉を使って楽しむようになりました。
しかし、チップスのパッケージを使った工作はちょっとチープで、アクリル板は静電気によりホコリが付きやすいという問題がありました。
そこで考えたのがガラスのフィルターに光学ガラス製のボールレンズを取り付けた製品だったというわけです。
そして丈夫で解像感の高いsoratama filterが完成しました。

 

How to set up

In order to shoot with soratama, it is necessary to take a close-up shot of the sight on the ball.
This requires a macro lens or close-up ring.

If a 1x macro lens is used, a 20mm diameter transparent sphere can be magnified.
Also if you want to shoot with a normal lens, you can use an extension tube.

 


Lenses with a focal distance of 24–50mm (35mm equivalent length) are recommended when using soratama 72.

In order to shoot a ball in an appropriate size in the photo, it is necessary to adjust the distance from the lens by the focal length.
When using a telephoto lens, the transparent sphere must be spaced from the lens, which increases the length of the extension tube and places a burden on the lens.

 

宙玉とレンズの距離はExtension Tube 72で調整するが、これだと長すぎでおすすめではない

 

However, there are no rules, so please try with different types of lenses.
Please use the production of soratama 72 with Extension Tube 72 to adjust the distance from the lens.
Since the filter diameter of soratama 72 is 72mm, for example, in the case of a lens with a filter diameter of 52mm, please attach a step-up ring of 52-72mm.

 

 

How to shoot

Since the image looks upside down inside the ball, rotate the image after shooting.

The biggest point in soratama photography is the aperture value. When the aperture value is increased, the depth of field gets deep, and the center sphere gets clear. However, the background will not be blurred.
On the other hand, the depth of field gets shallow and the background will be blurred when the aperture value is decreased. However, the edge of the center sphere will also be blurred. For this, you have to choose whether taking priority over making the sphere clear or blurring the whole image.

 

絞り値を変えると描写も変わる

 

Example of shooting

The subjects suitable for shooting with Soratama include objects with high color or tone contrast and objects that emit light such as illumination.

 

玉の内側と外側で天地が逆さまになっているのがよくわかる

 

発光している被写体はバックのボケも美しい

 

打ち上げ花火を玉の中に閉じ込めてみた

 

このフラミンゴは動物園で撮影したが、遠近感がついて広く見える

 

Also, if you shoot in a movie, it will be interesting because the movement will be opposite on the inside and outside of the ball.
As an example, the sun setting inside the ball goes up on the actual outside.

 

Soratama Time Lapse


【リンクの動画を埋め込んでください】

 

Anyway, there is no rule to shoot with Soratama, so feel free to experiment!

 

Soratama(宙玉の専用WEBサイト)

宙玉、何が必要?

ZENJI(ライターのWEBサイト)
https://zenji.info/